本文へ移動

開催展望と結果

2023年9月28日~30日 高知競輪F1 決勝戦

大西貴晃
A級決勝 大西貴晃 5連覇
犬伏湧也
S級決勝 犬伏湧也 3連勝

【開催展望】9月28日~30日 高知競輪F1「デイリースポーツ杯」

S級7レース制、A級5レース制で実施。
初日S級特選シード組は競輪界を代表する機動力型まで成長した犬伏湧也を筆頭に、小倉竜二柏野智典井上昌己長島大介等そうそうたるメンバーが集結した。
勝ち上がり戦で犬伏湧也に挑む後藤大輝大川剛の121期に注目したい。
A級戦は4連覇中の大西貴晃、積極果敢な中村隆生に、援護に回る八尋英輔、ベテラン健在の吉永 好宏らの争いか。
いつもシリーズを盛り上げてくれる地元からは掛水泰範吉松直人藤原浩宗崎世連倉松涼が出走する。

【アラカルト】
年少者は太田龍希後藤大輝中村隆生
年長者は室井竜二阪本正和小林健増成富夫
出走者の多い県は福岡県11名、岡山県7名、神奈川県6名。
バースデイは篠田樹、9月27日。
 
今年の勝ち数多いのは、後藤大輝  39勝(A級含む)
           大川 剛   30勝(A級含む)
           犬伏湧也  25勝(S級のみ)
           松下綾馬  25勝(チャレンジ含む)
今年まだ未勝利は、篠田 樹
         細川貴史
         佐伯辰哉(S級含む)
500走路1年間未出走者は、
中野真吾関 智晴、 
吉永好宏大西貴晃
小玉拓真室井竜二、
阿部架惟都金ヶ江勇気
小林圭介萱島大介
大塚 玲後藤大輝
山本紳貴堤 洋

高知バンク優勝歴あるのは(2010年以降)
長島大介(2021年 7月G3)
小倉竜二(2022年 4月F1)
吉松直人(2022年 4月A級)
    (2020年 8月F1)
桑原 亮(2023年 2月A級)
    (2011年 8月A級)
安部貴之(2018年 2月F1)
掛水泰範(2022年 1月A級)
    (2014年 5月A級)
    (2014年 3月A級)
    (2011年 2月チャレンジ)
今野大輔(2018年 7月A級)
八尋英輔(2022年 5月A級)
西田大志(2015年 5月A級)
大西貴晃(2021年 2月A級)
    (2019年 6月A級)
高田真幸(2015年 10月A級)
 
今年の出走回数が多い選手
石井  毅  82走
藤田昌宏 79走
柏野智典 85走
台 和紀 78走
 
今年の優勝回数
中村隆生 4回 A級
大西貴晃 4回 A級
大川 剛 8回(S級1回含む)
桑原 亮 3回 A級
後藤大輝 6回 A級

【開催展望】9月17日~19日 高知競輪F2ミッドナイト

 高知競輪ミッドナイト オッズパーク杯は9月17日~19日までの開催で行われる。
 北は北海道から南は沖縄まで全国あっせん。
 A級1、2班戦は佐伯亮輔、合志正臣、吉田昌司、岡部芳幸、八谷誠賢など前期S級に在籍していた実力者が集まり熱いレースが展開される。
 注目の選手は121期の堀航輝、上位戦で大暴れしそう。
 チャレンジ戦は得点上の石黒健に、123期の中原航大、堀越翔己、山田駿斗、成海大聖が優勝争いをリードする。
 地元からは1、2班戦宮崎一彰、濱口健二、チャレンジ戦は赤松誠一が参加してシリーズを盛り上げてくれる。

アラカルト
高知バンクと相性良いのは佐伯亮輔。A級戦で3回走り全て1着、9連勝中。
前回高知優勝は八谷誠賢。
宮崎一彰は2021年12月高知・地元でA級戦初優勝。その後も3回走り4勝あげる。
野村典嗣は2017年決勝2着など活躍が目に付く。
亀井久幸はS級戦で3回走り2勝、2着2回と成績良く、今年3月にはA級戦決勝3着の成績ある。
松木竜也は2年振りの出走も、勝星、連対共に多い。
細沼健治は参加した時は1着と2着、連対率42%。
 
BS回数
A級チャレンジ
堀 航輝22回島田茂希14回
吉田昌司18回堀越翔己13回
近藤圭佑17回阿久津浩之12回
佐伯亮輔17回角口聖也12回




スタート回数
A級チャレンジ
堀 航輝12回阿部龍也9回
隅 直幸9回下田和美9回
柳谷 崇7回角口聖也7回
野村典嗣7回  
大高彰馬7回  

9月19日誕生日 小島雅章

一番勝星多いのは岡部芳幸504勝

メモリアル
阿久津浩之197勝
小原伸哉 97勝
米嶋賢二 397勝

最年少は山田駿斗
最年長は濱口健二、赤松誠一

出身地
静岡 6名
岡山 5名
熊本 5名

2023年9月10日 高知モーニング競輪A級決勝戦

2023-09-10
疋田力也
勝部貴博

【開催展望】9月8日~10日 高知競輪F2モーニング

【高知競輪グッドモーニング900】
A級1、2班、7R制。1レース発走 9時、最終レース発走 11時。

今シリーズは直近4ヵ月得点 瀬戸晋作98点、木村直隆96点、中村健志94点、今岡徹二94点とレベルが高い選手が揃う。
注目選手も常次勇人、疋田力也、徳田匠、高井流星、山崎航と多く出場。優勝候補に匹敵する力を持つ。
いつもシリーズを盛り上げてくれる地元からは、特選シードの山本拳也とベテラン林明宏が出走。いつものように熱い走りを見せてくれる。

アラカルト
今開催は、中部、近畿、中国、四国、九州地区から出場。
1番若いのは小川将二郎、1番の年配者は武田哲二。
県別出走者は福岡県、岡山県、広島県の5名。
高知初出走者は、米村光星、疋田力也。
2000年以降、高知バンク1番出走は林明宏 78節 198走 41勝。
高知の相性が良いのは勝部貴博で、勝星も多い。
今年優勝歴が多いのは、常次勇人5回、小谷実3回、徳田匠3回。
有限会社福ちゃん出版社
〒780-8031
高知県高知市大原町152-8

このサイトは競輪・競馬の予想紙を出版する会社・福ちゃん出版社が運営するサイトです。
9
1
4
7
2
2
TOPへ戻る