本文へ移動

検車場情報

☆7/26~F2 最終日 レースを振り返って
2014-07-28

8R
1着)津村洸次郎選手談
 自分なりに上手く調整してきたつもりなんですが、 今回皆スピードのある人ばかりでしたので。 自分としては結果にこだわるより、 先を見据えてもっと先行したいんですよ。 お客さんには迷惑掛けたが、 3日間先行できたし、 次に繋がるとは思います。 ただもう少しレースに対応できないといけませんね。
2着)岡田雅也選手談
 絶対に離れちゃいかんと、 周回中から構えていたんですが、 その時点で重かったですね。 結局踏み遅れたし、 やっぱり95点 (津村) は強すぎます。 今回着はまとめられたが、 2日間共内外線を走っただけですからね。 地元で確定板に乗れたのは良かったけど、 これからはもっとダッシュを磨いてきます。

9R
1着)髙橋梨香選手談
 山口さんの抵抗もあったんですが、 落ち着いて仕掛けられました。 優出に失敗したので、 気持ちを切り替えて、 練習の成果を出そうと思って走りました。 地元の大宮の五百とは違って、 このバンク難しいですね。 自分としては正直本当走りにくかったです。
6着)山口菜津子選手談
 ダメですね。 地元で優出出来なかったし、 まだまだですよ。 今日も積極的に仕掛けたんですが、 力がないですね。 スタートで高橋さんの後ろが取れなかったのが全てでした。 また出直してきます。

10R
チャレンジ優勝)野口大誠選手談
 五百バンクなのでとにかく力を出し切ってやろうと。 内に被って何も出来ないのが一番悔しいですからね。 皆強いし、 とにかく自分の力を出そうと走りました。 このバンクも走りやすかったし、 今日が一番軽かったですね。 同期は皆強いし、 ここで負けてるわけにはいかないので。 親父からももういい年だし、 少しでも早く上に上がれと言われてるので、 とにかく上を目指して頑張りたいです。
2着)渡辺守美選手談
 脚もないのに柳原君を振ったりするから離れちゃいましたよ (笑)。 野口君が強いから黙って付いとけば良かったんですけど。 でもあれがなかったら柳原君との1着争いになっていたかも (笑)。

11R
ガールズ優勝)山原さくら選手談
 展開に恵まれましたね。 まさか加瀬さんの番手に嵌れるとは。 誰か来ると思ってずっと警戒してたらそのまま加瀬さんが発進するし、 自分でもビックリですよ。 今回の優勝は自力じゃないし、 もう一つ実感がないですけど、 初めて加瀬さんに勝てたし、 それは大きいと思います。 これで地元は6連勝。 四国の競輪場では未だ負けなしです。 どこまで続くのか自分でも分からないですね。
2着)加瀬加奈子選手談
 やっぱり五百は長いですが、 力は出し切れました。 後ろに山原さんが入ってたし、 仕方ないですね。 まぁ地元に華を持たせたということで。 でも五百バンクにひるまず、 3日間先行できたし、 悔いはないですね。
4着)矢野光世選手談
 スカスカしてたので当日ギヤを上げたんですけど、 何をやってんですかね。 あんな良い位置を取れたのに、 何も出来なかった。 調子は悪くなかったけど、 3日間前に付いてただけでしたね。

12R
A級優勝)永橋武司選手談
 玉野に続いて2回目の完全Vですよ。 玉野では窓場千加頼君が頑張ってくれて、 今回は佐川君のおかげで本当恵まれました。 今年に入っていきなりV2とは本当に強い後輩のおかげで、 流れが向いてくれてますね。 今回自力で勝ててたし、 調子も良かったと思います。 高知は前回は良くなかったが、 自力で踏めば外も行けるし、 33よりは好きなバンクですよ。 これを励みにまた頑張っていきます。
2着)斉藤宗徳選手談
 緊張しすぎて脚が3角に回りました。 やっぱり決勝は強い人ばかりだし、 厳しいですね。 初Vはまだまだ遠かったけど、 今回は逆に出来すぎですね。 馬場君も思い切り行ってくれたし、 赤井さんもしっかり後ろを固めてくれたのに、 本当申し訳ないですよ。
 

有限会社福ちゃん出版社
〒780-8031
高知県高知市大原町152-8

このサイトは競輪・競馬の予想紙を出版する会社・福ちゃん出版社が運営するサイトです。
0
9
0
4
2
2
TOPへ戻る