本文へ移動

検車場情報

☆12/17~FⅠ 最終日 A級・S級決勝レースを振り返って
2013-12-19
【10R A級決勝インタビュー】
(優勝)南  和夫選手談
 良く伸びましたね。 今回ホントに調子が良かったんですよ。 準決でも地元の河上君が欠場して流れも向いてくれたし、 ツキもありました。 久々の優勝だし、 今年2回目ですよ。 コースも空いてくれたし、 流れも良かった。 この次は向日町を走って今年は終わりです。 それよりも新年一発目が小倉だし、 地元のプレッシャーがありまして。
 
(3着)川口輝明選手談
 1番年上のオヤジに1番長い距離を踏ますとはね (笑)。 小峰君も内にいたし、 我慢したんだけど、 これはまずいかなと。 ホントにエラかったけど、 これで少しは点数が上がったな。
 
(5着)細川貴史選手談
 一回見てしまったんですよ。 小峰君が絶対に踏むと思って見てしまった。 あそこで思い切って入って行かんといかんですよね。
 
(8着)小峰  烈選手談
 荘田君を行かしてから仕掛けた方が良かったのかな?中途半端になってしまって、 後ろの人にも悪いことしました。
 
【11R S級決勝インタビュー】
(優勝)渡邉一成選手談
 やっと今年初優勝ですよ。 世界戦とか忙しくて、 なかなか本業で結果が出せなかったんですが。 佐藤さんが離れて、 バックで一回待ったんですけど、 分かってくれてますかね (笑)。 でも2着に入ってくれて良かったですよ。 高知も相性の良いバンクになりました。
 
(2着)佐藤康紀選手談
 良く追い付きましたよね。 渡辺君はわざと人を千切ろうとして (笑)。 とにかく追い駆けるのに必死でした。
 
(3着)友定祐己選手談
 浜田さんに任せていたし、 もう少し待とうと。 内か外か迷ってしまって、 突き抜けられなかった。 でも練習の成果は出したし、 感じは良かったですね。
 
(6着)木暮安由選手談
 スタートで取り合いになってしまって、 脚を使ってしまいました。 渡辺さんに来られた時は脚が残ってなかったですね。
 
有限会社福ちゃん出版社
〒780-8031
高知県高知市大原町152-8

このサイトは競輪・競馬の予想紙を出版する会社・福ちゃん出版社が運営するサイトです。
0
7
7
0
4
1
TOPへ戻る